自分にしかできないことなんて大それたものはないけれど

自分の価値というものを考えたときに、「自分にしかできないことはなんだろう」と考えたりすると思います。
確かに唯一無二の存在というのはとても高い価値があり、それを強みにできるでしょう。
しかし、私のようなごくごく平々凡々で普通の人間にとっては、そんなことを探すのは、砂漠の中からダイヤモンドを探すようなものです。
そして、たとえそういうものがあったとしても、人にとって価値のあるものなのかどうかわかりません。
なので、いままで転職を考えるたびに、苦しいような、やるせないような気分を味わうことが多かったように思います。
しかし、最近ではちょっと考え方を変えるようにして、少し希望が持てたような気がします。
というのも、何もオンリーワンになる必要はなくて、仕事であればベターワンな存在でじゅうぶんなのではないかと思うようになりました。
人よりも自分が上手にできることや、好きなことや得意なことを強みにすれば良いのではないかと思うのです。
そう思うことで、なんとなく将来の方向性というのも定まってきて、少し自分に自信が持てたような気がします。アイフル 土日 電話

時間はかかっても、美味しい物は手作りをしたいですね。

秋の味覚、栗の渋皮煮の作り方をお伝えします。

材料は、大粒の栗600g・重曹小さじ3・三温糖(砂糖)500g・ブランデーお好みで。

作り方は、栗をお湯に浸してから鬼皮をむき、渋皮を削らないようにむいたらまた水に浸しておきます。

あくぬきをし、ホーロー鍋で水から茹でて、重曹小さじ1を入れると、すごく濃い色のぶくぶくしたものが出てきます。

水を張ったボールに栗を取り、また水から重曹小さじ1程度を入れて茹でるのを数回繰り返し、無理に渋皮をいじらないようにしてください。

渋皮の大きな筋は茹でていたらはがれてくるので、取り除いたら「下茹で」は完成です。

鍋に栗と水、砂糖半分を入れ火にかけ沸騰したら弱火にし、落し蓋をして20~30分煮ます。

残りの砂糖を2、3回に分けて入れ、いったん火を止めて冷まし、数回煮詰めます。

ブランデーはお好みですが、最後に少し入れるとつやや香りが良くなるので、お酒の好きな人には非常に合う食材です。

未成年や、逆に苦手な方は、ブランデーを少し入れるだけでも酔ってしまう可能性がありますから、もブランデーを入れるのは控えた方が良いと思います。

大人は一人暮らしでも、ご家族でお暮らしの方にも喜ばれると思います。

栗は結構手間がかかりますが、時間をかけて作ってみてください。キレイモ 予約