2018ワールドカップを振り返るとキーワードは「期待しない」

サッカーワールドカップが終わり、ヨーロッパリーグも休止状態でややサッカー熱が冷めている昨今、ワールドカップを振り返ってみました。結果はフランスの優勝。フランスは世代交代により、若いチームでした。予選の第一試合でも、やっと勝てたという状態で他の強豪と違い、圧倒的な強さを感じませんでした。オッズもそれほど高くなく、「完成されていない若いチーム」「フランスは次のワールドカップを目指して世代交代に踏み切った」などと言われていました。つまり、期待されていなかったのです。ここで我が日本。大会直前での監督解任劇。この時点でワールドカップで一勝もできないとマスコミは言いたい放題(笑)私も全く期待せず、見る気も失せたほどでした。しかし、終わってみれば予選を勝ち抜けるという偉業。4年間キッチリやっておけば、もっと勝ち進めていたのかもという思いもありますが、日本はまだまだ世界レベルには程遠いチームなのは事実です。この日本とフランスの共通事項は「期待されていないチーム」であったこと。サッカーなんて、そんなものです。ミュゼ ひざ下脱毛

死ねと書かれた場合は脅迫罪にあたるのでしょうか

ネットで「死ね」と書かれた場合は脅迫罪になるのかどうかを調べてみました。
すると意見は真っ二つに分かれているようでして「死ね」の場合は脅迫罪に当たらないが「殺してやるぞ」と書かれた場合は脅迫罪になると書いている人達もいました。
でも「死ね」と書かれた場合も脅迫罪で訴えることが出来るという人もいるので分からないです。
どちらが正しいのでしょうか?
以前いじめで死ねと言われたことにより本当に自殺をしてしまった子供がいたような気がするのですが、例え「死ね」と書いた場合でも相手が死んでしまったとしたら脅迫罪になると思うし、ならなかったらおかしいような気がします。
今まさに私がネットで「死ね」と書かれているところです。
相手は死ねと書いたことは反省していないようで、その書き込みも未だに削除されていません。
匿名掲示板に書かれた場合は書き込んだ相手を特定したりするなど面倒なことがありますが、私の場合書いた人がだれ高は分かっています。
このような場合裁判で相手を訴えることは出来るのでしょうかね?
死ねと書かれただけではなく私の悪口を大げさに書いて悪評を広めようとしているようなので本当に悪質な人間です。ベルタ酵素 どこに売ってる