苦手だったものが苦手じゃなくなった瞬間の出来事

私は湯豆腐が得意ではないので実家にいるときに湯豆腐が食卓にならんでもテンションが下がるだけでした。一人暮らしを始めても、やはり好きなものではないので一年近く食べることがなかったのですが、ついこの間テレビでおいしい湯豆腐を作る人がいるという内容のコーナーを見て「久しぶりに湯豆腐が食べたい」と思い次の休日に湯豆腐を作りました。
私が住んでいるところは有名な山があり、そこの水を使った豆腐が売られているのでせっかくなのでその豆腐で作ることにしました。ダシから作ろうと思ったのですが、お鍋のもとが余っていたのでそれで作ることにしました。
冷凍したあったタラを解凍して長ネギを斜め切りして豆腐を一丁切りました。鰹節を青ジソのポン酢で食べてみたら、思っていた以上においしく感じました。実家にいたときと豆腐が違うからなのか、いつもは鰹節と醤油なのをポン酢に変えたおかげなのかはわかりませんが、湯豆腐をおいしいと感じたのは初めてでした。手軽にできるし重くないのでこれからは湯豆腐が好きになりそうです。