種々チャンネルを見たり学校をしたりした

午後くらいからプログラムされていた、個々番組を見ました。最初は、道化師が出ていました。密林ポッケという道化師が出ていました。その1自身が新婚でそのカップルにクレームを言っていました。トリオ破壊は嫁入りのせいだと言っていました。即時離婚してほしいと言っていました。そのカップルは和気あいあいみたいな感じだったので、そこはどうなのかなと思いました。次は、バッフェという道化師が出ていました。相方にクレイムがあるみたいで、解散をちらつかせるのをやめてほしいと言っていました。解散は考えたことはないと言っていました。示談できたかは分かりませんが、道化師なので笑顔にかえていました。そして、修練をしました。地球などについて修練しました。地球に入射講じる日射出のひとつは、雲や地表でリフレクションされたり大気によって散乱されたりして、専ら地球の外側に逃げていきます。知らないことを知れて良かったなと思いました。

自分で餃子を設けるタイミング、皮も用具もどちらが余ってもOK

餃子は無論自分で作ります。
でもしっかり計量断ち切るので、作っていると皮か具のどちらかがきっちり余りますw
やはり余ってもちっとも問題ありません。
皮が余ったら、フライパンで専ら焼きます。
するとせんべいのようにすいすいの歯ごたえになるんです。
味付けは随分しなくても美味しくて、焼くと一気に幼子が食べちゃある。
一方の具は、いろいろ使えますが、うちは炒飯の具に行なうことが多いです。
餃子と炒飯、真に中華定食ですね。
具の余分だけだと餃子ともろか振りなので、違う野菜なども適当に混ぜて炒飯にするといいです。
このようにどちらが余っても最適ので、具を定める間肉も野菜もちっとも計量せずズボラな通りなわけです(汗)
道楽でもすむほうが、気軽に手づくりできますから、総合的にはいいと思っています。
これがハッキリ作らないといけないって思うと、迷惑になって販売に任せたくなっちゃいますからね。
適当に作って、余った条項も適当に処分できるというのが、嫌がらずに手づくりを続けられるポイントです。http://www.itolosa.co/vio.html