団体戦不出場の羽生選手、未だに現状が不明です

2017年11月中旬のNHK杯、公式練習中に右足を怪我しその後試合には出場していないフィギュアスケートの羽生結弦選手。実績等で平昌オリンピックの日本代表には選ばれたものの、国別団体戦には不出場することが発表されました。思った以上に怪我の回復が遅く、年明けからようやく少しずつ練習を再開している状態だと言われていました。
前回のソチオリンピックでは団体戦ショートプログラムに出場し、その後個人種目で見事金メダルを獲得しました。団体戦は個人種目よりも1週間ほど早く行われるので、出場する選手は調整が大変かもしれません。羽生選手は「少しでも右足の回復に努めたい」とコメントしています。このコメントを深く読み取ると、実際右足の状態は完全ではないのでは?と推測してしまいます。羽生選手の事なのでもし団体戦に選ばれれば全力で戦ってくれるとは思いますが、今回は控えておいて正解だったのではないかと思います。個人種目がぶっつけ本番となりますが、とてつもない力を発揮してくれるのではないかと期待しています。顔脱毛アリシアクリニック