保険というのは歴史代わりとしっかりとしているのです

保険の歴史というのは割としっかりとしているものであり、何かリスクがあれば損害保険というのが生まれているのです。これは要するにリスクができているから、それのリスクに対するものを作ろうということです。歴史的には大航海時代に多くの船が難破したということによって、莫大な損益を被ることになってしまった人たちが少しでもリスクを下げようと保険というサービスを作り出したということになります。例えば、自動車保険などはものすごく早くできたものであり、ベンツが自動車を開発したのが1885年なのですが、1896年にはロンドンで自動車保険の引き受けが開始されているので相当に早く生まれてきているというのは間違いないです。損害が生まれるリスクが存在するということにおいて保険商品というのは様々なものを作ることができるようになっています。例えばリーマンショックなどで有名になった住宅ローン債券などもそれに対する保険などがあったからこそ、儲かったところが存在していたりするわけで保険というのは作れないことはないというのが商品として面白い点になります。キレイモ パック 分割